運動会のお弁当におにぎらずを作りました。

前週後半、小児が通う小学生で運動会があったので、お弁当を作りました。
小児の遠足や世間視聴などで1年に何度かはお弁当を作るのですが、複数の人のお腹を満たすためのお弁当づくりは運動会のお日様の1度だけです。
我が家は小児が両者いるので、身と彼氏、子ども達両者と彼氏の両親の6方分のお弁当を作りました。
なので毎年のように悩むのはお弁当のコンテンツと高なんですよね。
彼氏の両親とは同居ではないので、ふだんどれくらいの高を食べるのか総じて分からないのです。
そうして、お弁当の惣菜などの構造についても、彼氏の母体が食べると思うと、ちょこっと緊張してしまいます。
今年は、定番の三角おにぎりではなく、中に具をはさんだおにぎらずにしてみました。
おにぎらずの具の構造は、コストコで買ったプルコギ、甘辛く味付けしたきんぴらごぼう、卵とバルクの3ジャンル。
久しぶりにおにぎらずを作ったのですが、処方は簡単だし、印象も豪華になるし、メソッドを汚さずに食べることができるし、優秀な処方箋だなと又もや思いました。
彼氏の両親もおにぎらずを食べるのは始めてだったようで、「食べ易いし、旨いし、いいね~」と言ってくださいました。
今回、行楽するのにちょうどいい時季なので、お出かけする時折、またおにぎらずを作ろうと思います。顔脱毛の効果は高いです